自らの起業活動における環境負荷を低減し
環境保全と経済活動が両立する「持続可能な社会」の実現に貢献する。
REDUCE 【リデュース(発生抑制)】
建設副産物の発生を抑制するためには、施工計画段階で建設資材の綿密な搬入計画を行うことが大切です。また、建設資材の搬入には、過剰な梱包をしないことも発生抑制に効果があります。
REUSE 【リユース(再使用)】
建設現場で発生した建設副産物について、建設副産物情報交換システムなどにより情報が適性に共有されることによって有効に再利用することが可能になります。
また、仮設資材は、出来る限り再利用することで新たな発生の抑止にもなります。
RECYCLE 【リサイクル(再生利用)】
建設副産物をより効率的に再資源化するには、建設リサイクル法に基づき特定建設資材の分別解体を実施することが大切です。適性に再資源化することにより限りある資源の保全にも大きな力を発揮します。